【第47回】自分の「ホーム」を知る!?/田中ウルヴェ京さん登場!

16640681_1286568061420735_434552602546262300_n (1).jpg
「禅といま」という講演会に講師として招かれた
ソウル五輪シンクロ銅メダリストで、
現在はメンタルトレーナーとして第一線で活躍する
田中ウルヴェ京さんと藤田一照さんの対話を
お送りします。


 ==============
 《田中ウルヴェ 京さん PROFILE》
 1967年東京生まれ。聖心女子学院初中高等科を経て、
 日本大学在学中の1988年にソウル五輪
 シンクロ・デュエットで銅メダル獲得。
 10年間の日米仏の代表チームコーチ業とともに、
 6年半の米国大学院留学で修士取得。
 現在、学術研究者・経営者の両面の顔を持つ
 メンタルトレーナーとして活躍中。
 様々な大学で客員教授として教鞭をとる傍ら、
 慶應義塾大学大学院
 システムデザインマネジメント研究科博士課程に在学、
 「トップパフォーマーのコーピングの体系化」の研究を
 おこなっている。
 2001年から起業し、
 心と身体両面の健康を軸に、アスリートから
 ビジネスパーソンなど広く一般に
 メンタルトレーニングを指導。
 著書訳書多数。夫はフランス人、2児の母。
 ==============
ストレスとは?コーピングとは?について
自身の体験をベースにとてもわかり易く、
非常に奥深いコーピングについての講演は
メンタルの「透かし絵」を見せられたようで
大変参考になりました。

ご自身の講演の後、藤田一照さんの指導のもと
坐禅にも参加された京さん。
すると、ストレスコーピングと仏教の共通性に
お二人とも驚きつつ面白がって話が弾みました。

さて、どんなお話が聞けるのでしょうか?


・コーピングの面白さ
・原因はほっておいて結果をいじる
・心理学に「使役動詞」はない?
・自分を変えずに世界を変えようという誤解
・ヨロイを脱いでから着るものを選ぶ?
・欲望は「家に帰りたい」ため?
・人間は現状維持に腐心する性質がある?
・人間の行く末はサーベルタイガー?
・自分の「ホーム」を知る
・「無用の用」で「用」が活きる
・現在の事実にグラウンドする
・ウエスタン・サイエンスとアンシェント・ウィズダム
・”身体性”に宗教宗派の違いはない
・どちらが「人類に役に立つ」スポーツか?
・「沈黙」の重要性
・「死ぬ」ことも生命の設計に折り込み済み?

などなど。。。

では、ごゆっくりお愉しみ下さい!

========================

この記事へのコメント

  • 山形人

    最後の写真撮影時?の寸劇も面白かったです。
    次回も楽しみにしております(^。^)
    2017年03月10日 15:20
  • リョーキ


    ありがとうございます!
    例の「山形人」さんですね?(笑)
    >山形人さん
    >
    >最後の写真撮影時?の寸劇も面白かったです。
    >次回も楽しみにしております(^。^)
    2017年03月20日 23:22